簡単に痩せられる脂肪吸引の様々な手術方法

簡単に

体重計にのる

現在、美容外科でのダイエットを目的とした治療法には色々な種類があります。その中の一つに脂肪溶解注射があります。脂肪溶解注射は、脂肪が気になる部分に特殊な薬剤を注射器で注入するだけなので、短時間で治療が終了し、体への負担も少ないことから近年人気のダイエット法として注目されています。この注射をすることで脂肪が溶けて液体化し、尿や便などの排泄物として体の外へ排出されます。効果が出るまでには多少の時間はかかりますが、体全体の体重を落とすと言うよりは、二の腕や太ももなど気になる部分を細くして、理想の体型に近づけるダイエット法と言えます。この他にも、レーザー機器を使用する方法や冷却マシンを使用する方法などもあります。

一般的には、美容を目的とした治療には健康保険が適用されないことになっています。そのため、ダイエットを目的とした治療に際しても全額自己負担となります。脂肪溶解注射に関しては、使用する薬剤の種類や注射を使用する範囲などによって費用は異なります。広い範囲の脂肪を取り除くことを希望する場合には、その分注射する数も増えるので費用も高額になります。また、薬剤の中には、大豆タンパク質に由来した成分が含まれている場合も多くあります。そのため大豆アレルギーがある人は注射をするとアレルギー症状が出てしまう可能性があるので、必ず成分を確認する必要があります。また、高血圧や糖尿病などの持病がある場合も必ず医師に相談することが重要です。