簡単に痩せられる脂肪吸引の様々な手術方法

料金

凹んだお腹

セルライトが増えると、プロポーションが悪くなってしまいがちです。これがコンプレックスとなり、セルライトを減らすダイエットをしている人は多いです。しかし昨今では、ダイエットではなく美容外科で脂肪溶解注射をしてもらう人も増えてきています。これは、脂肪細胞の細胞膜を溶かす作用のある注射です。細胞膜が溶かされれば、脂肪細胞は形を維持できなくなって、液状になります。そして血管やリンパに吸収されて、やがて体外に排出されるのです。この注射は、セルライトが多くついている部位には、どこにでもおこなうことができます。つまり全身の分厚いセルライトを除去することができるのです。注射するだけでコンプレックスを解消できるため、注目されています。

美容外科では、脂肪吸引という施術もおこなわれています。これは、カニューレという細い管でセルライトを吸い出すというものです。短時間で多くのセルライトを除去することが可能ですが、カニューレを挿入する場所には穴を開けなければなりません。カニューレは数ミリ程度の細さではありますが、それを体内に通すと、肌には傷が多少ついてしまうのです。また、他の組織とくっついているセルライトを無理に引き剥がすことになるため、出血もあります。その点、脂肪溶解注射の場合は、肌にほとんど傷が残りません。注射針による穴が開きますが、数日で消えますし、出血はありません。セルライトが溶けて排出されるまでには1~2ヶ月ほどかかりますが、体への負担が少ないため人気があります。