簡単に痩せられる脂肪吸引の様々な手術方法

注意点

お腹を測る

美容外科で行われる脂肪吸引では、細い管状の医療器具を体に挿入して、直接脂肪を吸引していきます。吸引して体外に排出してしまうので、リバウンドなどもなく即効性が期待できます。一般的に、年齢を重ねるとともに特に女性の場合は「ぜい肉」とも呼ばれている皮下脂肪が付きやすくなると言われています。このぜい肉は見た目にもわかりやすく、手で掴めるのが特徴で、特に普段あまり動かすことの少ないお腹まわりや背中などは、自分で落とすことはなかなか難しいですし、太ももなどできやすいセルライトも皮下脂肪が燃焼されずに線維化してしまったものです。美容外科での脂肪吸引は、お腹まわりを始め、背中や太もも、二の腕など、体のほとんどの箇所を行うことができます。

現在では、どんどん高度な医療機器が開発され使用されるようになっています。多くの医療機関での最近の特徴としては、従来では根治的な治療のために行っていたメスを使っての開腹手術が、メスを使わない治療に変わってきていることです。美容外科での治療に関しても、注射やレーザーなどの高度な医療機器を用いることで治療が可能なものも多くあります。脂肪を取り除く方法も、上記にあげたような直接吸引するやり方の他に、レーザー機器によって溶かしていく方法や注射などの方法もあります。メスを使わない方法では治療時間も短く、手術に比べて費用も安く抑えられるなどのメリットがあります。このように、現在では体への負担の少ない治療法が次々に開発されています。